2013 4月

戸建住宅を探すなら豊友ハウジング

最近の一戸建て住宅は建売住宅でも注文住宅と遜色ないくらいのオリジナリティあふれる物件が増えてきていますね。 特に注目したいのが収納。10年程度以上前の物件だと収納が少なくて自分で収納を用意しなくてはいけない場合も多いんですが、 最近の新築の戸建住宅は階段下や屋根裏など無駄なく収納スペースにしていることが多いです。間取りなんかも考えて作られていますよね。 なので、デザインなどに特別のこだわりがないのだったら早く住める建売でも十分なんじゃないかと思います。 千葉県本八幡・市川を中心に戸建の住宅情報を豊富に取り揃えている不動産会社が 株式会社豊友ハウジングhttp://www.hoyuu.com/ 豊友ハウジングの面白いところは自社が施工した戸建住宅のパノラマ動画が見られるという点です。写真だけではなかなか細かい部分まで確認できませんから、現地になかなか出向けないという忙しい人にはうれしいコンテンツです。 家を選ぶにあたって参考になるのは間違いないと思います。また、不動産用語など専門用語でわからない言葉がある場合も親切に解説ページを作ってくれていますし、 お子様がいる方には学区の検索なんかも役に立つでしょう。 相談は気軽に受け付けてくれるので千葉県本八幡などの周辺で戸建住宅を考えているなら是非ホームページから相談なさってみてください。

Posted in 不動産全般 | コメントする

土地に減価償却はかかるのか?

みなさんは、減価償却について知っていますか?特に、不動産の購入を考えている方は、減価償却について知っておいた方がいいでしょう。 減価償却は、長い月日がたてば朽ち果てていく物に対して毎年減価償却費として経費に計上することができます。ただし、減価償却できるのは建物のみです。土地は年数とともに劣化するものではないので減価償却はできません。税金の金額は不動産の収入-経費で計算されます。減価償却費は実際の支出ではないのですが、経費として計上することができるので、その分税金を安くすることができます。 減価償却のしくみについて簡単にご説明します。モノには耐用年数があります。建物にも耐用年数があり、鉄筋コンクリートだと47年、木造だと22年というように構造によって違います。つまり、同じ1億円の建物を購入したとしても、鉄筋コンクリートは47年間、木造は22年間、毎年減価償却費を計上することができるということです。 減価償却費は経費の中でもかなり大きな割合を占めます。また、減価償却費は、お金の支出はないのに、毎年の経費にできるというお得なもの。ですので、この減価償却費のしくみをきちんと理解することが不動産で利益を得るためにとても大事です。

Posted in 不動産全般 | コメントする