土地に減価償却はかかるのか?

みなさんは、減価償却について知っていますか?
特に、不動産の購入を考えている方は、減価償却について知っておいた方がいいでしょう。

減価償却は、長い月日がたてば朽ち果てていく物に対して毎年減価償却費として経費に計上することができます。ただし、減価償却できるのは建物のみです。土地は年数とともに劣化するものではないので減価償却はできません。
税金の金額は不動産の収入-経費で計算されます。減価償却費は実際の支出ではないのですが、経費として計上することができるので、その分税金を安くすることができます。

減価償却のしくみについて簡単にご説明します。
モノには耐用年数があります。建物にも耐用年数があり、鉄筋コンクリートだと47年、木造だと22年というように構造によって違います。
つまり、同じ1億円の建物を購入したとしても、鉄筋コンクリートは47年間、木造は22年間、毎年減価償却費を計上することができるということです。

減価償却費は経費の中でもかなり大きな割合を占めます。
また、減価償却費は、お金の支出はないのに、毎年の経費にできるというお得なもの。
ですので、この減価償却費のしくみをきちんと理解することが不動産で利益を得るためにとても大事です。

Posted in 不動産全般


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>